スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



スポンサー広告
2009/06/23(火) 晴

今回のパリ滞在の1番のメインである、
ル・コルビジェ(Le Corbusier) サヴォア邸(Villa Savoye)に行ってきました。
月曜日は定休日なので、昨日を避け今日にしました。
パリ市内ではありませんので、まずは行き方を綴りたいと思います。


?電車で移動(パリ中心から約1時間かからない位)

最寄り駅であるポワシー(Poissy)は5ゾーンなので5ゾーンまでの切符を買います。
自動券売機なら特に問題ないですが、窓口で買う時には5ゾーンではなく、「ポワシー」と行き先をはっきりさせないと売ってくれませんでした。
片道4.2ユーロでした。RER A5番線は大体1時間に3?4本出ています。
乗る場所にもよりますが、地下鉄などを乗り継いで、
RER(高速郊外鉄道)のA5線に乗ります。このA5線の終点がポワシー(Poissy)です。


?駅からバスターミナルまで歩く(約5分)

駅に着いたら、ホームから直接外には出ずに一旦階段を下ります。
するとこの看板があるはずです。右側の額縁に入っている看板はバス乗り場が書いてあります50番のバスに乗るのでそちらの矢印(南口(SortieSud))から出ます。
サヴォア邸への行き方1
出口にもバス乗り場の番号が出ているのでそれに従い右側に曲がります。
するとこの看板と売店(タバッキ?リストランテ?)があるのでその角を右に曲がります。
サヴォア邸への行き方2
しばらく進むと、バスターミナルがあります。
乳母車がありますが、そこが50番の乗り場です。
時刻表にサヴォア邸の写真が貼ってありますので分かると思います。
サヴォア邸への行き方3


?バスで移動(約10分弱)

このバス停から、20?30分間隔くらいで50番のバスが出ています。
バスターミナルの「」インフォメーションセンターで聞いたところ、「切符はバスの中で買ってくれ」とのことでしたので、バスの中で「Villa Savoye」までの切符を買います。
片道1.6ユーロでした。
バス停の車両レーンが2本あり、手前側にバスが止まっていると奥にバスが止るので乗り忘れられないように気をつけてください。
パリ市内と比べ、運転手さんや切符確認員などもにこやかに対応してくれました。
(ちなみに女性運転手だったのですが「ウッヒョ?」と言いたくなるくらいの美人でした)
駅から7つ目のバス停ですが、到着すると運転手さんが教えてくれます。
(沢山の人が訪れるのでしょうか、乗客の子供連れの奥さんも「次がサヴォアだ」と教えてくれました)
到着したバス停です。歩道の先に見える壁の所がサヴォア邸入口です。
サヴォア邸への行き方4


?バス停からサヴォア邸まで歩く(約3分)

バスを降りたら、そのままバスの進行方向(坂道を登る)に進みます。
するとすぐに写真の標識と金網の門がでてきます(写真は道路を渡って撮ったものなので、実際はバス停から歩いてすぐ右手に金網門がきます)
サヴォア邸への行き方6  サヴォア邸への行き方5


金網門から入って行き、木々の間の小道を抜けると・・・・
サヴォア邸への行き方7

帰りは下り坂となるので、ポワシー駅まで歩いても良いかもしれません。
パリとは違った町並みを歩くのも良いですよね。

この記事にたどり着く方が多いことから
もうすこしわかりやすいように↓へまとめ直してみました。よろしければ訪問してみてください。
田中伸裕建築事務所



岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



ぶらり旅 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
とても詳しい道順!!
これならサヴォア邸に行くときに迷わずに行けそう!!
バスの運転手さんに「ウッヒョ」って言わないように気をつけます(笑)
Re: No title
情報が古いかもしれませんが参考にしていただければ幸いです。
ポワシーはパリ市街と違いのんびりした雰囲気があるので
ブラブラしてみるのもいいかと思います。良い旅を!
No title
建築を学んでいる学生です。
学校の研修旅行で来週からパリに行きます。
サヴォア邸への行き方を調べていたところでしたので、とても助かります。
参考にさせていただきます!
Re: No title
記事がお役に立てれるみたいで書いた甲斐がありました。
若干、古い記事ですので今も同じ行き方で行けるかはわかりませんが
大まかには同じじゃないかな~とは思っています。
写真以外にもスケッチしてみると気づくことも多々あるかと思います。
良い研修旅行となって、1つでも多くのことを吸収できると良いですね。
この時期パリは寒いしなにより明るい時間も短いですが、体に気を付けて行ってきてくださいね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。