スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



スポンサー広告
建築B-1コースの最終日である3日目です。

本日で完成させる必要があります。
ほぼ躯体が出来上がって形として出来てきているので、特に低学年だとそちらに興味が移ってしまい
作業の手が止まりがちになるのですが時間がないのでみんな一生懸命です。

壁の装飾なども並行しておこなっていくのですが、見えるとやはりわかる(気づく?)ようで
1日目の設計段階で決めてたことを変えたいという声も上がってきます。
時間的に可能なものは変えることはできますがやはり時間的に不可能なものもあります。
実務でも、お施主さん(大人)においても、設計段階で分からなくその箇所ができて理解できたという
こともあるので子供たちに設計の段階でわかるようにというのは無理ではあるでしょう。

終了時間までの最後30分は間に合わない部分においてスタッフも手を出しましたが
なんとか子供たちだけで完成させることができました。

140728-1 保護者を招いての発表会(竣工式)

140728-2 Aチーム アトリエ フレーム構造

140728-3 Bチーム 役場 ラーメン構造

140728-4 Cチーム 銀行 壁式構造

小学生ならではの低学年と高学年の耐力差や男女での考え方の違いや、話し合いの(男子が照れる??)しにくさ
などもありましたが、どの子も建物に高さの要素が出てきたときや2階の床に登れるようになった時、
最後完成した時は本当に良い笑顔を見せていました。

ものづくり特に今回のような大きめのものを作る機会は学校でもあまりないのではないかと思います。
ものづくりの大変さや楽しさを感じてもらえればということを念頭にスタッフとして3日間接してきたつもりです
結構(かなり)大変な部分もありましたが参加してみて良かったと思います。

2014年度のだがねランドは、は8月23日まで開催されているようです。

だがねランド名古屋都市センターのHP
スポンサーサイト


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



森林文化アカデミー | コメント(0) | トラックバック(0)
2日目の、「だがねランド 建築B-1」は開始から早速木材の加工です。

45×45、60×60、45×90の3つのサイズの木材を使用するサイズに合わせて
差し金を使ってけがいて墨付けし、両刃ノコギリで切っていきます。
それを14時の上棟を目指し建て方をおこないます。
部材は基本的にインパクトドライバーを使いビス止めしていきます。
スタッフは基本的に作業には手を出さない(アドバイスや補助的なことはしますが)のですべて小学生自身でおこないます。

小学生低学年と高学年・中学生では作業のスピードが全然違いますがみんな一生懸命おこなっています。

今年は、昨年までと違い中2階の建物となっているため、2階の床を張ることもあり
昨年より建て方に時間がかかるそうで残念ながら本日中の上棟を迎えることはできませんでした。

140727


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



森林文化アカデミー | コメント(0) | トラックバック(0)
名古屋都市センターで開催されている、
「だがねランド2014 ワークショップ」に協力スタッフとして参加してきました。

森林文化アカデミーの小原先生からスタッフお誘いのメールを頂いての参加です。
だがねランドとは、名古屋都市センターが主催する企画で
子供たち自身で計画しそして建築し「子どもの街」をつくって完成した街で店舗や役場、
新聞屋やアクセサリー屋などの職業を体験し、売ったものや労働により得た「ダガネ」という通貨
によって町を動かしていくということを夏休みにおこなわれています。

今回私が参加した、建築B-1コースでは、小学校低学年~高学年と中学生の18人が
6人1チームの3チームにわかれ、建物を計画し木材を切り組み立てていきます。

作る建物は、くじ引きできまり、幅2,275mm 奥行1,820mm 高さ2,700mmのスペースに計画していきます。
それぞれの計画したものを、森林文化アカデミーの小原先生より、
それぞれのチームに建物の構造形式が与えられます。今回は、
Aチーム・・アトリエ・・フレーム構造
Bチーム・・役場・・ラーメン構造
Cチーム・・銀行・・壁式構造 となりました。

初日はどのような建物にするかスケッチや平面、立面を決めていきます。
実務であれば設計の段階です。それをみんなの前で発表し確認申請を受けます。
その後、明日からおこなう木材の加工の練習をして終了となりました。

140726

明日木材を加工できるように図面の作成を夜中にスタッフがおこなうことになります。


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



森林文化アカデミー | コメント(0) | トラックバック(0)
本日、山県市南消防署にて山県市消防団10分団で救命講習を受けてきました。

午前中の3時間という時間をみっちり使っての救命講習です。
主に、
・人工呼吸
・胸骨圧迫(心臓マッサージ)
・AED(自動体外式除細動器)
について講義と実践後、消防署職員のかたが判定員になって効果測定試験をおこないました。

その他には、講義だけとなりましたが
・止血法
・溺水(水の事故)に対する応急処置
・熱中症に対する応急処置
などもあり、なかなか有意義な講習だったと思います。
ただ、10分団だけで受けたのですが、3連休のなかびということもあり、
家族サービスで出かけている人や自治会の方へ出ている人もあったりなどで
あまり人数的には多くは出てこれなかったようです。

140720-1   140720-2

AEDなどもあちこちで見かけるようになりました。
使い方も驚くほど簡単ですが、1度は実際に使ってみると良いと感じました。
また、胸骨圧迫(心臓マッサージ)や人工呼吸なども昔とはやり方などが変わっています。

もし、どこかでこのような講習を受ける機会があれば受けてみると良いと思います。
ある程度人数が集まれば、最寄りの消防署でも講習会を開いてくれるそうですよ。



岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



消防団 | コメント(0) | トラックバック(0)
森林文化アカデミー主催の短期技術研修
「木造建築の許容応力度計算演習」の3回目の講義を受けてきました。

昨年度おこなわれた研修と同じものですが、この3回目の講義で行った荷重分布について
理解を深めるためにも、もう一度講義を聞きたかったので
森林文化アカデミーの小原先生にお願いし今年度の講義にもぐりこませてもらいました。
昨年も受けて帰ってからもいろいろ復習的なこともおこなっていましたので
講義の内容もすんなりと理解でき、講義後の演習も「理解できて」解くことができました。

これで木造建築物にかかる荷重の分布状況はバッチリ!だと思う

140718


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



森林文化アカデミー | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。