スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



スポンサー広告

暑くも悲しい日

2013/07/31 Wed 22:39

本日、私が初めて働いた会社での元同期の葬儀のため三重県名張市まで行ってきました。

会社として、全国での同期はそこそこいましたが、入社直後の社員教育後は
各支店や営業所、部署や現場に配属され同期同士が同じ場所で業務に当たることはあまりなかったのですが
たまたま運良く(?)彼は現場事務として、私は現場監督として同じ作業所に配属されました。
学生から社会人となり、大規模な現場で四苦八苦し上司や職人さんからどやされたり叱咤されたりなどなど・・・
彼は大学院卒でしたので年上ではありましたが、年齢の違いを気にせずに
いろいろ愚痴を言いあったり励ましあったりしていただき、最初の現場を終えることができました。
その後、同じ現場で出会うこともなく支店内でたまたま出会う程度でしかなかったのですが
どちらもそれぞれ別々の道を行くことになりました。

それがまさか、このような再開になるとは思いもよりませんでした。
昨夜、別の元同期から電話があり信じられないながらも駆けつけました。
いろいろと言いたいことや聞きたいことなどなどありましたがもう話すことはできません。

冥福を祈るばかりです。


    



スポンサーサイト


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



雑記帳 | コメント(0) | トラックバック(0)
先月受講してきた、建築士定期講習の修了証が郵送されてきました。
終了考査も全く問題のない正解数であったようです。

3年ごとに受講する必要があるので次回は、平成28年度中(平成29年3月31日まで)に受講することになります。
届いた今回の修了証は、コピー用紙のような紙なので味気ないものです
 

      



岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



講習や講演など | コメント(0) | トラックバック(0)
木造建築病理学の実習として、岐阜県の木造詳細調査に参加してきました。
先月行ったお寺の詳細調査との第2回目です。

今回は名古屋大学さんとも合同での調査でした。
私の担当は前回は床下調査で、今回は構造展開(軸組)を行い
住宅とは違う架構をじっくり調査をしました。
本堂だけでなく茶室や書院も調査を行うのであと1回ほど調査があるそうです。

130714-2 130714-1
ヤング率の測定を行っています

      



岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



既存建物調査 | コメント(0) | トラックバック(0)
昨夜は、森林文化アカデミー主催の短期技術研修
「木造建築の許容応力度計算演習」の3回目の講義を受けてきました。

今回は主に地震力と柱軸力についてがメインでした。
力の流れは、RC造やS造よりも木造は複雑なので荷重分布を考えるのが大変です。
RC造はS造は途中階から新しい柱が出来たりすることはあまりないのですが、
木造の場合1階に柱が無いのに2階(3階)には柱があると言う場合があるためです。
当然力の流れを考えると柱の上に柱があるというのが至極自然であるといえます。

しかし、1階に今などの大きな空間があり、2階以上に寝室などの個室がある住宅となると
1階に柱が無く2階から柱ができることも多くなります。
それをどのように力の流れを考えるか、そしてその力をどのように対処するのか
住宅産業においてそんなことはあまり考えずに建ってしまっていることが多いような気がします
しかし大変ですが良い家づくりには大切なことです。

      


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



森林文化アカデミー | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。