スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



スポンサー広告
昨日は建築士定期講習を受講してきました。

この講習は、平成20年度に定期講習制度が開始され
1級建築士・2級建築士・木造建築士のすべてが3年に1回受講するよう定められています。
前回の受講から3年経過したため受講しなければなりません。前回は建築士会主催の講習ですが今回は、日時が合わないため総合資格学院岐阜校で受講してきました。

講習そのものは大きく、
パートⅠ、建築基準法・建築士法・その他建築に係る各種法令
パートⅡ、建築技術・実務の動向・事故・処分・倫理・設計及び監理に関する事項
を丸一日かけたて受講したあと、同日に終了考査を受けて定期講習の修了となります。

新しいことを知るというよりは、確認的意味合いが強い講習ですが
この3年で建築業界も法規関連も含めいろいろかわってきている部分も多く
それなりにためにはなるかと思います。もうすこし講習費用が安ければいいいのに・・・

今回は、3年前と違い本体テキスト以外に「別冊テキスト」も配布されました。
この別冊テキスト「別冊」とありながらも、この数年で変わってきている部分がよくできていて
図や写真、対比表などでまとめられており非常に理解しやすいものです
この別冊テキストの内容を集めようとすると、あっちの官庁発表を取り寄せてこっちの官庁発行本をあつめて
この協会の出している本を買って・・・と時間もお金もかかるものになるでしょう。
こっちが本体テキストでも良いんじゃ・・・・



      
スポンサーサイト


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



講習や講演など | コメント(0) | トラックバック(0)

岐阜県ファンクラブ

2013/06/18 Tue 18:04

岐阜県ファンクラブの会員証が届きました。

130618

まず、岐阜へ遊びに来てください。そして、体験・滞在してください。
  ・さらに、岐阜の人と交流して、人柄の温かさを実感してください。
  ・そして、よかったら住んでください。

という、地域振興の一環として設けられています。
対象施設での優待サービスがあったりしますが、当ブログでも岐阜のアピールをしていけれたらと思います。


      




岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



雑記帳 | コメント(0) | トラックバック(0)
木造建築病理学の実習として、岐阜県の木造詳細調査に参加してきました。
今回はお寺の詳細調査ということで普段見ることのできない部位を見れました。
屋根裏から床下まで内部の調査となり
アカデミーの学生さん含め10数名かけて1日みっちりとした調査となりましたが、
今回の調査を基に1か月後辺りに再度、別の調査に入ることになります。

130616-2   130616-1

床組や小屋組など、住宅では見ることのできないダイナミックな架構がみてとれます。


      




岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



既存建物調査 | コメント(0) | トラックバック(0)

蛍が舞い始めました

2013/06/13 Thu 09:45

むし暑くなり、梅雨なのかなんなのか訳のわからない日々が続いていますが、
ホタルが舞う時期になってきました。
どこでも発生しているという訳ではないのですが、舞い始めました
しかし無料情報誌などに掲載されている地域では蛍よりも人の方が多いのじゃないかと・・・


130613-1  130613-2


     




岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



雑記帳 | コメント(0) | トラックバック(0)
昨夜は、森林文化アカデミー主催の短期技術研修
「木造建築の許容応力度計算演習」の2回目の講義を受けてきました。

受講者は、建築実務者ばかりですが、
意匠設計者、構造設計者、工務店、大工、行政の建築主事など職種としては様々です。
しかし、やはり常日頃から「もっと良い建築を、もっと良い建築を」と考えている方が多いようで、
(失礼ながら・・・大工さんでありながら、すべて手計算をして長期優良住宅の申請許可を受けて見える方がいたことには驚きでした)
講義や演習も皆さん集中し、休憩時間も休憩にならないほど集中しています。

講義内容も基本的な部分の確認から、応用的な部分、
さらに、まだ法や基準には載っていないが実験や検証によりわかったきたこと
今後基準そのものも変わるかもしれない部分の講義まで
3時間の講義では短すぎるのでしょうが、中身の詰まった濃い講義となっています。

私自身は、独立後に木造の許容応力度計算をエクセルを使用して計算式等を作って(いろいろな資料をひっくり返して結構しんどかったですが)申請にこそ添付はしませんが自分の中での判断基準として使っています。
もし、この自分自身でつくることをしていなかったらこの講義もすんなりと理解できていなかったかもしれません。
講義を受けて、なぜここがこうなるかとか、こういう考え方があるなどもありましたので
逐一ソフトの改良もしていこうかな~

      






岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



森林文化アカデミー | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。