スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



スポンサー広告

雪下ろしと家づくり

2013/01/28 Mon 15:21

先週末からの雪もようやく納まり、土日はひたすら雪かきや雪下ろしとなりました。
60cmほどの積雪となったのですが、昨年末の雪と違い非常に重たい雪だったのでしんどかったです。
雪かきや雪下ろしを体験できるツアーがあるようですが、
見た目以上にしんどい作業なので急がずゆっくり絶え間なくやると結局は早く終わります。

屋根の雪下ろしをしないで済むようにするには、
屋根勾配を急勾配にするかフラットにして春まで積らせておくか
電気やお湯などで設備的に溶かすかといったところです。

そして何より大切なのは、積雪の重量を考えた架構(構造)設計をし
荷重に耐えうる寸法の材料を使う必要があります。
今回もそうですが、毎回大雪の後は大工さんや瓦屋さんが折れた垂木や母屋の交換に大忙しです。
「案外新しい家が折れていることが多い」そうです。

スポンサーサイト


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



建築事 | コメント(0) | トラックバック(0)
地盤インスペクターとは、社団法人地盤安心住宅整備支援機構が実施している
住宅地盤に関する基礎知識を有し、公平な立場で地盤対策工事が適正に施工されているか
検査することのできる住宅地盤の専門家です。

どれだけよい建物を建ててもそれを支える「地盤」が悪ければ意味がありません。
しかしこの地盤は当然地面の中であり、直接見ることは困難です。
その為、地盤調査を行う訳ですが調査会社や使用機器、判定ソフトにおいて結果に幅が出ています。
そのあたりがクリアに出来ればと言う思いで今回、受講しました。

講習では、地盤補強工事を行っているのに不同沈下が起こり対策をした実例として
3件の事例が紹介されましたが、その中の2件が岐阜県で起こった事例でした。
詳しい住所は隠さての紹介でしたがそのうちの1件がここから車で10分ほどのところに
建っている建物にそっくりでした
(建物自体はどこにでも見かけるような建物ですが写っている近隣の建物や山や環境などから)
その建物だと言う確証はありませんが、確かに完成し、しばらくしてから何かやっているな~と思っていた建物です。

地盤も医療のようにセカンドオピニオンというものがあります。
関東や関西ではわりと行われているそうですが、この中部地区ではほとんど行われていないようです。
地盤は建物が完成しても基礎のさらに下にあり、決して目に見える部分ではありません。
しかしそこに目を向けることは大変重要です。

講習そのものは、地盤への向き合う姿勢(考え方・思想)やコンプライアンスといったことが
主な内容となっており、私の知りたかったこととは若干違うもので再確認という意味合いが強かったのですが、
これはこれで収穫があったかと思います。

130116-1     130116-2
新しくJIS規格に準拠した半自動式SWS地盤測定機の実機の紹介もありました。


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



講習や講演など | コメント(0) | トラックバック(0)
今日は山県市消防団の新年出初式に出動してきました。
寒い一日となりましたが、
隊列行進や放水などを行い、午前で今年の出初式は終了です。
そして、表彰において勤労章を授与されました。

130106

全分団での一斉放水時に筒先から出た水に虹がかかっています。



岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



消防団 | コメント(0) | トラックバック(0)

2013年新年の御挨拶

2013/01/04 Fri 17:12

明けましておめでとうございます

昨年お世話になった皆様、それからまだ見ぬこれからお会いする皆様。
本年もよろしくお願い致します。

ついに辰年が終わり、年男でもなくなってしまいました。
次に年男になるのは2024年です。世の中に新しいものができていろいろ変わっているでしょう。
でもきっと、いい建物を建てたいという思いは変わっていないのではと思います。

みなさん今年の運勢って見たりしました?
新年になると、星座占いやタロット占い干支占いなどなど様々な占いがありましたが
私はと言うと、
有る占いでは、「超幸運な1年」と出ていたかと思えば別の占いでは「絶不調な1年」とあったり
どっちやねんと言いたくもなりましたが、
とにもかくにも、生きていくには必死こいてあがくしかないのでしょうね~
「明日死ぬつもりで仕事して、永遠に生きるつもりで仕事をする」
ガンジーの言葉を一部借りましたが心がけていきたいことです。


ネットや書籍でさまざまな情報が一般の方にも探すことができるようになりましたが、「蛇の道は蛇」
という知識を持って、「蛇の足より人の足見よ」というように本当に住まい手が必要なことを
考えて「竜頭蛇尾」とならないよう引き渡しからアフターまでしっかりと設計監理してゆきたいと思います。



岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



雑記帳 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。