スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



スポンサー広告

パソコンが落ちる

2009/07/28 Tue 10:41

パソコンの調子が悪いです。WinXP
作業時いきなり落ちて再起動を始めたり(これがかないきついil||li _| ̄|○ il||li )
電源を入れようとしても入らず警告音が鳴ったり・・・・
ブルースクリーンにはならないので何がなにやら
一応、
?本体内部の掃除

?ウィルススキャン

?起動時「F8」を押して、セ?フモードでの起動

?[スタート」→「ファイル名を指定して実行」→「名前」の欄に「msconfig] →「OK」
[システム構成ユーティリティ」→[スタートアップ」タブをクリックで現在の状況確認
チェックを1つづつ外すか、全て外し1つづつ入れて、該当するプログラムを特定。

?[スタート] →[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[システム ツール]→[システムの復元]

?起動時「F2」を押してBIOSセットアップメニューから「F9」→Y→「F10」→Y
としてシステム設定を元の状態にもどす

以上のことをやってはみたのですが良くなりません。
もう再セットアップするしかないのかな・・・??
スポンサーサイト


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



雑記帳 | コメント(0) | トラックバック(0)
親から資金援助を受けて家を建てようとしている方はご存知かもしれませんが、
税制改正法案が成立した場合、
住宅の購入・改修資金の、贈与税の非課税枠が現行の110万円から610万円(基礎控除額110万円+500万円上積み)とされます。
昨年までの法案がほぼ原案とおり可決されているところをみると今回の法案も決定されるのではないでしょうか(ちゃんと政府は審議してるのかな??)

受け取る人が20歳以上で、贈る人が親・祖父母など直系尊属であること。
一戸建てだけでなくマンションも対象。
贈与を受けた年の翌年の3月15日までに入居する。
適用期限は、2009年1月1日から2010年12月31日までの2年間。

という制限が設けられてはいます。
直系ということは、夫は夫の親から610万円。妻は妻の親から610万円の合計1,220万円ということも可能です(共同名義の住宅になりますが)。

この週末ハウスメーカーからの大量の新聞広告を見て、
ボーナス時期を狙って広告を打っているのかなと思いつつ、
この法改正を知らない人からしたら、展示場での一押しにつなげるためなのかなと思いつつ広告を眺めていました。

もちろんハウスメーカーや建売だけではなく、我々設計事務所の設計による住宅にも適用されますよ!っよ!!


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



建築事 | コメント(0) | トラックバック(0)

雨の洗濯物

2009/07/26 Sun 09:51

甥っ子が遊びに来ています。
金曜日から泊まっていますが、小学一年生。
すこしホームシックになったのか、「今日帰る」と言っています。
あちこち飛び跳ね遊びまくっています。
そのため汗をかきまくり大量の洗濯物が出てきますがこの雨により乾きません。

家を作る時にも
梅雨と台風の時期だけ乾燥機を使うか部屋で乾燥できる機能付きの設備を入れるか
最近はドラム式乾燥機付きの洗濯機もだいぶ改善されて使えるレベルになっているようです。
とうぜんそれぞれにメリット・デメリットはあります。
使う頻度や使い勝手・設置スペース・金額等それぞれのお宅に合わせて設計する必要があります。
あと、
バルコニーなどに物干しスペースを設置することもあるかと思いますが
風は通り抜けていくようになっているでしょうか。
洗濯物を乾かすには太陽もさることながら、風が重要です。
海岸沿いに住んで見える方はわかるでしょうが、
曇り空でも風が強いと乾いてしまいますよね。


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



建築事 | コメント(0) | トラックバック(0)

管理建築士

2009/07/24 Fri 15:40

先月受けた管理建築士の修了証が届きました。
3年毎の更新なのでこれからまた3年以内に受講を受けなければなりません。
この資格を持ってないと、建築士事務所を登録することも運営していくこともできません。


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



講習や講演など | コメント(0) | トラックバック(0)
岐阜県被災建築物応急危険度判定士の更新のお知らせが来ました。
更新の時期が重なってきています・・・
でも、応急危険度判定士は更新費用がかからないのでありがたいです。
これも5年毎の更新で2回目ですので10年前に取ったものです。
8月に講習会も行われるようですので、参加することにします。
さすがに取って10年もたつといろいろ変わっているでしょうし・・・

この資格は、地震直後に被災した建築物の応急危険度を迅速かつ的確に判断するためのものです。
災害発生時などに多数の傷病者が同時に発生した場合、傷病者の緊急度や重症度に応じて適切な処置や搬送を行うために傷病者の治療優先順位を決定するために一目でわかるように色で区分したトリアージタッグをつけるというのを聞いたことがあるかと思います。
それの建物版といったところです。
震災が起こらなければそれにこしたことはないのですが、起こった場合に行政の要請を受けて行うものです。
建築を知っているという知識を生かしたボランティア活動をするための資格といったところでしょうか。


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



建築事 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。