スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



スポンサー広告
2009/06/18(木) 晴

ついに夢にまで見たブリオン・ヴェガ墓地です。
カルロ・スカルパがどのような建築家であったかなどは、様々な方が論じていますので、なにも同じことを書くことは無いと思いここでは省きます。

「門をくぐり抜けたら、天空に来ていた」(天空とは歯が浮かぶような言い方ですが・・・)
映画や漫画やゲームに出てくるような天空です。
事実そのような感覚を受けました。私の稚拙な言葉では表現しきれない衝撃を受けたのです。
写真集等では門(入口??)がピックアップされ日本にいる時、私はそれのみで興奮していたのです。
しかし、実は門もブリオン・ヴェガの一部分でしかなかったのでした。
コンクリートでできていますが、まるで各部位が浮いているように見える感覚。
次に何があるのか見に行きたくなるチラリズム。
そこへ行くための光と光の反射による誘導。
視線をコントロールするしつらえ。
緊張感のある直線、緊張感を強くさせない軸ずらし・曲線。
水の流れる音、階段を踏む音。 涙が出そうです。

写真を撮り、スケッチを始めました。
スケッチを撮るとさらにすばらしいことに、ディティールがいかに考えられているか。
焦点の消える先。この位置や高さで壁が終わる意味。
壁に繋がる水路に繋がる階段に繋がる・・・
すべての部分に意味があることが分かりました。
そしてこの空間すべてで1つのテーマとなっている気がしました(2日後ヴェネチアを歩いた時にブリオン・ヴェガヴェネチアを表したのではないかと思いました。)

ブリオンヴェガ1
入口です。単なる序曲であるとは知る由もなかった・・・

ブリオンヴェガ2
単純に見えるこの空間。しかし!ものすごいいろんなものが凝縮されています。

ブリオンヴェガ3
天空に降り立つ。(う?ん写真では伝わらない・・・・゚・(*ノД`*)・゚・。 )

ブリオンヴェガ4
Buongiorno!!

ブリオンヴェガ5
水路から水を満たしたら、橋の下をくぐるゴンドラに見えなくも無い。
ブリオンさんが眠る棺です。
屋根の発色のさせかたお見事です。まさに素材を生かしている。

ブリオンヴェガ6
スカルパのお墓は鍵が掛かっていて入れませんでした。

ここは、この地域の人の墓地と隣接しています。
暑い日にも関わらず、どのお墓も切花がみずみずしく良い香りを放っていました。

墓地を天空にしてしまう。この仕事ってすばらしいですよね。
スポンサーサイト


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



ぶらり旅 | コメント(0) | トラックバック(0)
2009/06/18(木) 晴

滞在1日目。早速晴れたので、今回の旅行での1番のメインである、
カルロ・スカルパ(CarloScarpa) ブリオン・ヴェガ墓地(Brion Vega Cemetery)に行ってきました。
ヴェネチア本島ではありませんので、まずは行き方を綴りたいと思います。
この記事を見て一人でも多くの方がたどり着けますように。


?電車で移動(約1時間)

「Venezia S.Lucia駅」 から 「Castle Franco Veneto駅」 まで移動します。
各駅停車の2等車電車しかありませんし、終点ですので約1時間ほどかかります。
片道3.4ユーロでした。大体1時間に1?2本出ています。
切符は必ず刻印機にとおしておきます。
時刻や料金は頻繁に変わるようですので、事前にネット上で(最終的には駅で直接)確認してください。


?駅からバスターミナルまで歩く(約20分)

駅から出たら、左(この鐘楼がある方)へ向かいましょう。
ブリオンヴェガ行き方1
この鐘楼の場所で、道が右側に曲がるので、道に沿って右へと進みます。

しばらく進むと
ブリオンヴェガ行き方2
左手に、「Hotel alla Torre」が見えるはずです。まだまっすぐ進みます。
このHotelは城壁と繋がっていて、城壁には「水堀」があります。
水堀に沿って歩いて左に曲がります。(この時点で駅から15分位)
ブリオンヴェガ行き方3
↑このような景色になるはずです。
ブリオンヴェガ行き方4
空が広いです。
道の先を見ると、先のほうに多角形の建物が見えるので目指します。
ブリオンヴェガ行き方5
この多角形と手前の建物の間の道を、左に曲がります。
曲がると、バスターミナルが見えます。
このバスターミナルに到着(駅から20分位)です。
ブリオンヴェガ行き方6
この写真の真ん中に見える、ターミナル前の「Bar Degustazione Rigato」でバスで切符を買います。


?バスで移動(約20分)

ターミナル前の「Bar Degustazione Rigato」でバス切符を往復で買います。
「Castle Franco」 から 「Vito Dia Tivole」までです。
往復で3.8ユーロでした。Barのガラスに時刻表が貼ってあるので確認しましょう。
発車場所は、4番線
発車時間は、6:00、6:30、7:40、10:35、12:20、14:10、16:15、17:35、19:05です。
発車時間は頻繁に変わるみたいですが、この路線は最近変わっていないらしいです。

Barで「切符が欲しい」と言うと、「Vitoの往復でよいか?」と聞かれました。
日本人なにげに訪れる人が多いのでしょうか。
時間があったので、ここでカフェしましたが水も来ました。なにげにうれしいサービスです。

さて発車時刻が近づきますが、なかなかターミナルにバスが来ません。
なぜか隣の3番線にバスはいるのですが・・・どうしよう?!!!!
さすがイタリア!3番線にいるバスは、本来4番線にきていなければならないバスです。
こんなことはしょっちゅうです。気をつけましょう。
急いでバスに乗り込み、運転手に「Brion Vega Cemeteryに行きたいが、行くか?」と聞いたのですが、「????」という感じです。しかし、切符確認員は知っていたようで、運転手に説明してくれました。運転手は「あ?Tomba Monumentale Brionね。はいはい」ということで出発です。
Brion Vega Cemeteryでは通じない場合もあるんだな?としみじみ思いました。
バスに乗ったら
ブリオンヴェガ行き方7
切符は必ず刻印機に通しておきます。
Vitoに着くと、運転手が教えてくれて降りることができました。
ブリオンヴェガ行き方8
降りたらとりあえず帰りのバスの時間を確認しておきます(本数が少ないので注意)。

?バス停からブリオン・ヴェガまで歩く(15分)
降りたバスの進行方向に教会が見えます
ブリオンヴェガ行き方9
教会に向かって歩き、STOPという道路標識の先(教会の手前の)の道を右に曲がりしばらく進みます。
ブリオンヴェガ行き方10
ブリオンヴェガ行き方11
このような標識が出てきますので、標識に従います。
この標識の先は1本道です。のどかな並木道。一面のとうもろこし畑を抜けると・・・
ブリオンヴェガ行き方12
緊張した汗が出てきました。


どうでしょう?出来る限り詳しく書いたつもりです。
あと、駅からバスターミナルまで歩く途中にあった城壁ですが仲は街になっています。
食べ物などヴェネチアよりもうんっと安いのでここで済ませて帰るのもいいと思います。
味も良かったです。


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



ぶらり旅 | コメント(0) | トラックバック(0)

関西空港?パリ?ヴェネチア

2009/06/28 Sun 15:36

2009/06/17(水) 晴

関空で日本出国審査です。手荷物の液体物は没収されてしまいます。
ペットボトルもしかり、チョコレートなど溶けて液体になるものも処分されます。
没収リストもありますが、乗り換えなどあると空港ごとで決めているものが違うようですので、
怪しそうなものは手荷物とせず、機内預けとしておいたほうが良さそうです。

今回の航空機 エアーフランスに乗り込み、
さっさと到着時間に合わせて時差の調整(といっても寝るか起き続けるかですけど・・・)
約12時間半のフライトの後、パリ/シャルル・ド・ゴール空港に到着です。
時差の関係で、現地ではまだ6月17日です。
この空港は、ポール・アンドリューの設計です。
世界的にも巨大な空港でさらに現在、空港内で工事をしているということもあり、乗り継ぎ口までかなりの距離歩きました。
日本と違い、表示も少ないですし、フランス語(英語での補助表記がないものもある)ですので乗り継ぎ時間が短い方は気をつけてください。
私はヴェネチアへの乗り継ぎが4時間ありましたので、空港内を散策。

シャルルドゴール1シャルルドゴール3シャルルドゴール2シャルルドゴール4

青空が見えてますが、これでも現地時間20時?21時 ̄□ ̄

無事乗り換えもでき、2時間弱のフライトの後
ヴェネチア/マルコポーロ空港に到着です。
この時点で岐阜を出てから約23時間。さすがに疲れたのでホテルへ移動後さっさと眠りました。

ヴェネチア本島に宿泊予定で夜到着する方は、駅近くにホテルをとられたほうがいいです。
ヴェネチアに慣れているなら別ですが、夜はポーターも見つかりませんし
ヴァポットもありますが、切符が買えなかったりして石畳を長い距離荷物を運ぶのは大変ですよ。


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



ぶらり旅 | コメント(0) | トラックバック(0)

岐阜?名古屋?関西国際空港

2009/06/28 Sun 10:02

2009/06/17(水) 晴

いよいよ出発です。時間的にうまいこと中部国際空港から繋がりませんでしたので
関西国際空港からの出発にしました。岐阜からは2時間半といったところです。
私は関西国際空港へ行くことが今回初めてでしたので、行くまでの交通機関を
NAVITIMEで探しました。このNAVITIMEはオススメです。

岐阜から名古屋まではJR
名古屋から新大阪までは新幹線
新大阪から関西国際空港までは、関空特急はるか11号を利用しました。

新大阪から、はるかへの乗り換えには駅構内で繋がっているみたいで、
切符を買う場所が良く分かりませんでした。ので、とりあえず乗り込み、はるか車内で購入です。

岐阜から思ったより近いんだな?という印象を持ちつつ、関空に到着です。
関西国際空港

関空旅客ターミナルは、レンゾ・ピアノの設計です。


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



ぶらり旅 | コメント(0) | トラックバック(0)
帰ってきました。

ヴェネチアパリに行ってきました。
ヴェネチアは2度目ですが、パリは初めてです。
いや?フランス語はホント分かりませんね。読むことすら出来ません。
宿泊場所を探すのはなにかと大変で、以前も予約がはいっているいないなど海外では特にありますし、
旅行会社から手配したほうが手間を無視しても安いこともままあるので、
航空券と宿泊ホテル、空港とホテル間の移動はJTBさんに頼みました
それ以外はすべてフリーの個人旅行なので添乗員さんやガイドさんがいるわけでもなく、自分一人なので、
まあなんとかなるというか、なんとかするしかないのです。


簡単にイタリアフランス情報

・時差は8時間遅れている(今はサマータイム導入の為、7時間)
・日本より若干涼しいが気温の変動が激しいので、半袖もあれば上着が必要なときもあった。
 乾いているので、べたつくような暑さは感じない。
・通貨は「ユーロ」。ユーロ高の影響もあるが日本よりやや?非常に物価が高い。
・夏は日が長いので、夜21時でも余裕で地図を見て歩ける。
・カード社会なのでほとんどの場所でカードが使える、小額のものを買い、100€紙幣で払って
 おつりを貰って細かくしようとすると「細かいお金で支払ってくれ」と断られることも多々あった。

旅行記については、追々まとめて行きます。


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



ぶらり旅 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。