スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



スポンサー広告

今年度のぎふ次世代住宅塾・省エネリノベ編 第四回目にスタッフとして参加してきました。
本日で今年度の、ぎふ次世代住宅塾は終了となります。

リノベーションに特化した省エネについてはまだまだ途上段階で
情報を手に入れる手段が少ないのですがこういった機会を有効に活用していきたいものです。

今回は、住宅と健康についてと住まい手の方に実際に来ていただいて
今年度の講習内容を踏まえたうえで第二回目講義での物件をリフォームプレゼンをする
ということが大きな柱でした。

住宅と健康についてはこのような講習に参加されている方々には、既に知っている
内容も多くもうすこし踏み込んだ部分が聞きたかったのですが、いかんせん
世の中にはそのような対策が取られていない住宅の多いこと多いこと。
いまだに何十年も前のことしか行われていなく新築されている建物も多いのです。
建て主さんにどのように発信していくか難しい部分です。

プレゼンについては、グループに分かれて宿題になっていた提案書を
グループ内でより良くまとめて発表するという形式が取られました。
それぞれの特徴が出て意見交換などなかなか普段では体験することができない
事ができたとおおむね参加者の方からは好評であったように見えました。

160122

スポンサーサイト


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



講習や講演など | コメント(0) | トラックバック(0)
今年度のぎふ次世代住宅塾・省エネリノベ編 第三回目にスタッフとして参加してきました。

リノベーションに特化した省エネについてはまだまだ途上段階で
情報を手に入れる手段が少ないのですがこういった機会を有効に活用していきたいものです。

今回は、既存住宅性能トータルアップを目指して②という題目の講義です。
条件を替えた場合に、一次エネルギー消費量がどの程度の削減につながるのかを
あらりがつけれるようになることを目指した講義内容で
グループでの演習があることから人数の関係上今週と来週の2班に別れていたわけですが
前回の宿題や仕事上の都合から、本日はあまり受講者の数が多くなく
空席の目立つ講義となってしまいました。



151125



岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



講習や講演など | コメント(0) | トラックバック(0)
今年度のぎふ次世代住宅塾・省エネリノベ編に参加してきました。

全4回おこなわれるうちの第一回目です。
昨年度行われた内容からもう一歩踏み込んだ内容となっているみたいです。

リノベーションに特化した省エネについてはまだまだ途上段階で
情報を手に入れる手段が少ないのですがこういった機会を有効に活用していきたいものです。

151009



岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



講習や講演など | コメント(0) | トラックバック(0)
岐阜県木造住宅アドバイザー スキルアップ講座 2014年 第2回目(最終)がおこなわれました。

今回講義として、松井郁夫建築設計事務所の松井郁夫先生による「き」組の家づくりが講義されました。
ぜひとも聞きたかったのですが、
なにせ道路に出るまで&除雪されている道路に出るまでの道路の雪かきが大変で
昨夜も袈裟を見越して夜中に雪かきをしておいたのですが、
結局朝早くから雪かきをしたのですが、結局2時間ほどかかってしまい途中から講義に参加させていただきました。

午後からは、講師の方や県の県産材流通課さん交えての全体討議となりました。
そこで感じたことですが、県産材の使い手側の欲している材と
県側の流通(手法や対応策)などといったものがボタンの掛け違いが2~3つ以上に
かけ離れているような印象をもつものであったのが残念に感じました。
やはりどうしてもたくさん流通させようとすれば、パワービルダーや大手メーカー向けの
大量生産ができる建築資材あつかいになるのでしょうが、
地場・地元会社ではそこまで大量に消費しなく、建築資材ではない本当の意味での「木」
が欲しいけども県側に流れがそうなっていないということ。
どうやら私だけではなく、講座が終わった後、廊下で声を掛けられた&話をさせていただいた
他の設計者や工事業者、大工さんも常々感じておられるとのことでした。

141218


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



講習や講演など | コメント(0) | トラックバック(0)
岐阜県では、「安心」「健康」「環境への貢献」などの観点から、自然素材を活用した住宅や、地域の山で生産された木材での家づくりに高い関心を持つ人が増えています。 岐阜県では、こうした消費者の関心に対して、県産材を活用した木造住宅に関する相談・要望に応えることのできる建築士の方を「岐阜県木造住宅アドバイザー」として養成・認定しており、これまでに262名の方を認定しています。

岐阜県木造住宅アドバイザーは、
 1.岐阜県内に現在居住している者又は、
  県内に本社若しくは営業所がある法人等に属している者(個人事業主を含む)
 2.県産材を利用した住宅に関わる提案や相談などの活動を行っているか、行おうとしている者
 3.建築士法に規定する建築士の資格を持つ者
 4.軸組工法等木造住宅の建築に10年以上従事した者
 5.県が作成し一般県民へ公開する認定者リストへ、連絡先等の情報掲載を承諾する者

以上の要件を満たし、「岐阜県木造住宅アドバイザー講座(4日間 (講義3日と現地研修1日) )」を修了された建築士が認定されます。毎年スキルアップ講座が開催されており
昨年都合により受けれなかったため、今年受講してきました。
新しい木材の世界の流れや、製材会社の方などと会うこともできます。
その中で気になったことは、同じぎふ性能表示材でも供給する製材会社によって
基準としては同じでも細かい部分で違いがあることが気になりました。

141204



岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



講習や講演など | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。