スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



スポンサー広告

こんな仕事をしています

2017/04/30 Sun 09:31

岐阜で建築設計事務所を開いています。田中伸裕建築事務所です 。
主に住宅の建築設計を行なっています。
ぜひホームページにも遊びに来てください。
仕事を頂けると小躍りして喜びます。
スポンサーサイト


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



建築事 | コメント(5) | トラックバック(0)

木材の乾燥

2016/07/01 Fri 11:19

ほんの少しの木取りの違いでここまで変形に違いが出てくるとは・・・
木材って実に面白い

160701


岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



建築事 | コメント(0) | トラックバック(0)
最近という訳でもないですが、
「一級建設○○会社」とか、最近多くなってきた「一級リフォーム○○社」や「一級増改築○○社」
はたまた
「一級○○大工」「一級○○塗装」「一級○○防水」「一級○○内装」
さらには、
「一級○○設計」といった表記を良く見ます。

一見すると、一級建築士か一級建築施工管理技士もしくは一級技能士が在籍しているような印象を受けますが
(一般の方からすると特にそういった印象をもたれるのではないでしょうか)
そういった国家資格である有資格も何もなしで看板を出している会社が驚くほど多いのです。

「一級品を提供できる(つもり)から一級って付けてます」
という言い分のようですが、まぎらわしすぎます。

実際にトラブルがあったという話も聞きますしそんな相談を受けたこともあります。

これもある意味で、偽装表示になるような気がするのですが・・・・・

一級と付いていた場合、何をもって一級と言っているのか。
そのあたりも確認する必要があるようです。



岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



建築事 | コメント(0) | トラックバック(0)

雨樋の計算を見直してみる

2014/09/11 Thu 18:21

雨が多い夏でした。
また、ゲリラ豪雨や集中豪雨などという言葉も珍しくなくなっています。
ちょっと集中豪雨の定義を調べてみましたが、
「1時間に何mm以上降ったら集中豪雨と呼ぶ」というのは決まっていないらしく意外でした。

多くの建物には、軒先につく軒樋と、その水を地上まで落とす竪樋が付いています。
この軒樋や竪樋の大きさは、多くの場合クッターの式やトリチェリーの公式などによって
建設地の雨状況や負担する屋根面積をもとに導き出されています。

過去、国内での1時間降雨量ランキングを調べてみると
 ・千葉県 香取観測点 153.0mm/h 1999年10月27日20時
 ・長崎県 長浦岳観測点 153.0mm/h 1982年7月23日19時
が共に1位となっており、この東海三県では
 ・愛知県 岡崎観測点 146.5mm/h 2008年8月29日2時  となっています。

もちろんこれは観測点の実値なので、
実際の建設地や被害が出た場所ではもっと降雨量は多かったり少なかったりするでしょう。
またいくら計算上は良くても、樋の詰まりやゴミの堆積で本来の機能が発揮できないこともあるでしょう。

もし、「いつもと同じ」で大きさを決めているとしたらその降雨量や負担屋根面積について
集中豪雨やゲリラ豪雨に対してはどうするのか見直してみる必要があるのではないでしょうか。
(余裕を持って排水できるのか、オーバーフローさせるのかなどなど)
また自分の家がどれくらいの雨量を想定されているのか問い合わせて知っておくのも
災害防止対策としていいかもしれません。



岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



建築事 | コメント(0) | トラックバック(0)
建築士事務所は登録制となっています。
そしてその登録は、5年ごとに登録の更新を申請していく必要があります。

当事務所も今年度は登録更新の年でしたので登録期限が切れる前に
更新申請をし、無事更新することができました。

事務所を立ち上げて5年か~早かったような長かったような・・・・
というよりも、よく首が繋がったな~~と感慨です。
私のレベルも5年前とは段違い
5年後もまた更新ができるよう、日々切磋琢磨です。





岐阜の建築設計事務所 田中伸裕建築事務所



建築事 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。